為替FXトレード塾 FXメンタル対策BLOG FX初心者も大歓迎!

あなたが勝てない理由がこのブログを見ればわかります! 間違いなくあなたのトレードを変えます!

勝ちたいなら見えない固定概念をぶっ壊せ! 



20160607_1724_convert_20161224012808.png


ランキング50以内で特別レポートプレゼント!

⇒このブログは今何位?クリックして確認!




以前内田さんのブログを見ていたら
こんな事が書いてあった


以下一部引用


住み込みで修業している
トレーダーの成長が速いなぁと感じた。

やっぱり、何年もかかって気がつく事が、
その場で指摘されるので


時間短縮という意味では
物凄い効率的だと思った。


他の門下生にもザラ場指導した時に感想を聞いたときに

印象的だったのが、「安心した」ってのが多かった。

内田さんは 100発100中 って思っていたのが

ああ、毎日 こんだけLCしてんだ・・・・ 

って言うか LCの方がこんなにも多くても勝てるんだ。

って言う事が理解できるのが良かったと言っていた。


引用終了



僕が引っ掛かったのが

【安心した】

と言う門下生の言葉
実はこれがものすごく大事なんです



幾ら

【トータルで最終的に勝つ事が大事】

それが頭でわかっていても
連敗が続けば焦るし不安になる
そしてルールを破りすべて無駄になる



どうしても

【確実な証拠が欲しい!】

そう考えてしまいます


maxresdefault_convert_20161224012957.jpg



ここで言う確実な証拠とはまさに

【ルールを正しく守る事でどんだけ連敗が続いても
正しくやりさえすれば最終的には何とかなる】


この証拠です


内田さんの所に住みこむ事で
それがしっかり確認する事が出来た


【どれだけ連敗しても大丈夫である】


この動かない証拠が経験として手に入る
そしてそこに【安心】が生まれる
そしてはじめてルールに従う事だけを
考えてトレードをする事が出来る様になる



勝てない頃は本当に
間違った知識や日常の常識に基づいた

【固定概念】

これに縛られてトレードを考えてしまう



トレードの結果を変えたいのであれば
その固定概念を変える必要がある


例えば

・連敗が続けばこのままじゃダメなんじゃないか?

そう勝手に思い込んでしまう
でもそれは誰がダメと決めたのでしょう?


それは今の目の前の結果に対しては
真実でも嘘でもありません


あくまであなたの過去の体験を
元にするとそういう答えが導き出される
それだけの事です


だから連敗をする事を想定したうえで
トレードをして結果を出す経験や知識があなたにあれば
その結果に対してのあなたの判断は変わる事でしょう


・連敗なんてあって当たり前結果なんて気にするだけ無駄


同じ状況や結果であっても
その出来事をどう受け止めるかで
心理状態は全然変わってきます


そしてどちらの心理状態の方が
安定して利益を出す行動を取りやすいか?
言わなくてもおわかりですよね?


E5A489E58C96_convert_20161224013213.jpg


この

【間違った固定概念の変化】

これが結果を出す為には必要になります



その方法がある人にとっては

・内田さんの元で住み込みでトレードを学ぶ

と言う事だった


僕は師匠の佐野さんの教材
ビクトリーメソットについている

【リアルタイムトレード動画】

勝っている人がどんなトレードをしているか
これを見る事が出来た事で
トレード手法だけではなくて


・エントリーの際の感情
・ポジション保有中の心理
・損切をする時の心理
・損切後の感情の変化

などなど



当時の僕とは明らかに違い

【なぜ自分が勝てないのか?】

その違いは一目瞭然でした



結果が出ないトレーダーの

【勝ってる人はこんな感じだろ・・・】

という曖昧なニュアンス的な判断はすべて間違いです
少なくとも僕の場合はそうでした



なぜならそれは

【勝てない思考の固定概念】

これを元に導き出した回答だから



だから事実を知って

・まさかそんな風だとは・・・

・そうだとはうすうす
 気づいてはいたが予想以上だった

・こんなんで本当に利益が出るの?


こんな感じになるはずです



意外にトレードの成功の秘密は


・自分が見ている場所とは全く違う場所

・一度確認したが結果が出ないと放り投げた事

・勝手にこんなんで勝てるはずがないと決めつけいてる事



そんな部分にあったりするものです


あなたが努力しても結果が出ないとすれば
間違った固定概念にしばられ
効果の薄い努力をしてしまっているかもしれません


そんな時は一度頭をリセットして
シンプルにトレードを考えてみる事をお勧めします


まずは自分がどんな風に考えてトレードしているか?
そのあたりを一度見直してみてはいかがでしょうか



それでは今日も最後までお付き合いありがとうございました





1日1回応援クリックお願いします!




■無料FXスキルアップ情報


期間限定無料プレゼント中!

■FXの王道を極める方法教えます!



僕が「6万2千時間」を費やしてたどり着いた


【どんな相場でも対応できるスキルを身に着ける方法】



最もシンプルかつ王道のその方法をまとめた
「万能教材!」を「期間限定で無料」でプレゼントします



gfsdggwte.jpg



この教材を見れば


「なぜ今あなたが勝てないか?
そしてどうすれば勝てる様になるのか?」


その全てに気づく事が出来ます



そして今回教えるこのスキルを
身に着ける事が出来れば
あなたのトレード結果も劇的に変わるはずです!



⇒このチャンスを逃さずレポートを無料でGETする!



---------------------------------------------------------


黙っていても上手く行く?
■勝てるエントリーポイントを見極める方法


チャートとは

「人間心理の集合体」

ですから

人間心理が過去と大きく変わらないのであれば
それを反映するチャートが同じ様な値動き繰り返すと言う事は
極めて自然な事だと思います


でも


多くの人は「過去を知る事」ではなくて
「未来を知る事」で利益を得ようとします



僕もそうでしたが
ここが努力しても結果の出ない大きな原因の1つです


どれだけ時間を費やしても
人間は「未来」を知ることは出来ません


そんな事に時間を使うのは意味がありません


だからそうではなくて

「過去を知る事に意識を向けて下さい」


なぜなら


トレードをしていても
常にエントリーするかどうか判断するのは
チャートの右端の未来がどうなるか?

ではなくて

チャートの左側の過ぎた過去のチャートでどうするか?
判断する必要があるからです


ここが結果が出ている人といない人の差です


「未来がどうなるか?
それを予想し当てるのがトレード」


この認識が勝てないトレードを生み出します


そうではなくて


あくまで「確率」に賭けるんです


「こうなったらこうなりやすい」


そんな過去チャートに従った再現性のあるトレードをするんです


例えば

もしチャート上に

「ここから上昇確率70%」

なんてサインが出たらどうでしょう?


間違いなく買うでしょう


逆に

「上昇確率30%」

なんて感じなら下落かレンジの可能性があるので
買わないでしょう


そしてそんな数字を見て焦る事なく
優位な所だけ選んでトレードをすれば
トータルで勝てる事に気付きます


そしてそんなトレードを続けているうちに

70%の上昇サインでも下げる事があり

30%の上昇サインでも上げる事がある事に気づきます


そしてはじめて

「どれだけ有利でも上手く行かず
逆に不利でも上手く行く事がある」


この事にも気付きます


そうなれば

・損切りに合う事は避ける事は出来ず
 逆に儲ける為には避ける必要がない事なのか


・自分がスルーしたエントリーが
 大きく順行する機会損失が仕方のない事か


そんな事も身を持って経験する事で
知識だけの薄っぺらい理解から
はじめて本当に理解する事が出来ます


そうする事で自然と優位性の高いポイントだけトレードして
上手く行かない時もあるがそれは仕方のない事
そんな風に割り切る事が出来る様になる

そうすればいちいち目先のトレード結果など気にしないし
チャンスが無くても

優位性の高いシグナルが出ないのに
低い確率で無理してトレードしても意味ない

そう気付き無駄なトレードもしなくなる


そうすればあなたのトレードは
自然と安定し気付けば
利益の出せるトレーダーになっているはずです


でも・・・


そんなシグナルを出してくれる
チャートなんてないじゃないか!!


確かにありません


じゃあどうするのか?


まずはこちらをご覧下さい


⇒優位性の高いポイントを判断する方法


---------------------------------------------------------



応援クリックお願いします☆




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今なら特別レポートプレゼント中!
⇒「メルマガ始めました!詳しくはコチラ」



■フェイスブック始めました

フェイスブック限定レポートもプレゼント中!
是非みてみてください☆


フェイスブックページ

個人ページ



⇒ブログ記事一覧に戻る



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment