為替FXトレード塾 FXメンタル対策BLOG FX初心者も大歓迎!

あなたが勝てない理由がこのブログを見ればわかります! 間違いなくあなたのトレードを変えます!

デイトレで50連勝は可能か? 


応援クリックお願いします☆





⇒今週のおすすめはコレ!




この中に一つでも興味があるなら
今日の記事は是非最後まで読んでください


fdgdsgsdfgsdg.jpg



あなたは

「CFG」(Concorde Forex Group)

と言うのを知っていますか?


いやいやまたなんか胡散臭いぞ?
そんな風に感じた人もいるかもしれません
でもご心配なく大丈夫です(笑)


「CFG」とはアメリカの投資スクールなのですが
あのブッシュ元大統領に表彰されたことのある
世界一と言われる投資スクールなんです


そこをアジア人初で尚且つ
世界最年少で卒業したエリートトレーダーの
根崎さんが今回その手法を
期間限定で公開してくれることになりました


ちなみに

「CFG」の卒業試験は

「50連勝すること」だったとか・・・(大汗)

正直僕なんかとは次元の違うトレーダーです



そんな彼はどんなトレードをしているのか?


・1日20分程度のチャートチェックのみ
・トレード回数は週に1~3回ほど
・最大リスクは資金の5%まで
・勝率7割、リスクリワード1:10
・ローソク足だけしか見ないシンプルトレード


という感じだそうです
これだけで毎月資金が1.5~2倍になるとしたら・・・


こんなウソのようなホントの話しを
知りたくはありませんか?



正直言って僕自身も

「えっ?本当かな・・・」

と疑ってしまったくらい
トレーダーにとって最高の手法です



⇒今すぐアメリカ仕込みの本物のトレードを見てみる



しかしそんな疑いも彼が実際にトレードしている
トレード動画をご覧になれば一目瞭然


実際根崎さん自身が行ったトレードを
ポジションを持ったまま解説してくれるので
疑いようがない形で解説してくれています



今まで理論ばかりで再現できない方法や、
実際やってみると負けっぱなしの詐欺商材…
ましてや難しすぎて実践する気にもなれなかった人だと


「こんなにシンプルで確かな方法があったのか!!」


そうビックリしてしまうかもしれません(笑)



以前は20万円の元本を1億円にするなど
かなり「攻撃型」なトレードをしていたそうですが


「負けないトレードこそが最強」


こういう思考に至り辿り着いた答えが
今回公開している自由な人生を生きる為の手法・・・

「フリースタイルFX」

と言う事だそうです


言葉で全てを伝えるのは難しいので
後はあなた自身でご覧になって下さい


・根崎優樹と言う男のFXに対する考え方と行動論
・フリスタFXがどんな手法なのかの詳細
・実際のトレード動画そのもの


これらをご覧になれば
全てが明らかになりますので



ちなみにこちらは

【7月14日まで!】

期間限定での無料公開となります



単純に勉強になる事が沢山ありますので
ぜひ手に入れてみてて見下さい



⇒今すぐアメリカ仕込みの本物のトレードを見てみる





いつも訪問ありがとうございます
そんな勉強熱心なあなたの1クリックが力になります
なにとぞ1クリックご協力お願いします(。-人-。)



FX為替 - みんなのお金儲けアンテナ
コチラも合わせてクリックお願いしますm(u_u)m




■無料FXスキルアップ情報


無料プレゼント期間残り・・・3日!

新シリーズmediumレポート 第一弾!


え~、そんな思い通りな
トレードをする方法があるんだったら、
もっと早く教えてよ。と姉が怒り出した。(笑)


■ネガティブな人専用?
思い通りなトレードをする方法


fdgfgsdfgdgdg.jpg



こちらのレポートは
お聞きいただけましたでしょうか?




今回はあなたの

「思い通りにトレードをしたい!」

そいう思いを叶えるべく
その為に必要な方法をお話しさせて頂きました



多くの人が

買った途端に下がったり
売った途端に上がったり

そんな風に思い通りにならずに
悔しい想いをした事があると思います


一体どうすれば思い通りに
トレードし結果を得る事が出来るのか?
そんな風に考えた事はありませんか?


その「答え」を今回のレポート内で発表します


もしあなたが思い通りに行かずに
悩み苦しんでいるとしたら
今回のレポートを是非聞いてみてください


なぜあなたのトレードが上手く行かないのか?
その原因とこれからどうすれば良いのか?


この2つを知る事が出来ると思います



こちらの12800円相当のレポートを

【7月14日まで!】

期間限定で無料でプレゼントします




一体どうすれば上手く
トレードが出来る様になるのか?
その為に必要なのは・・・

「○○○する事」

ぜひこの○に入る言葉は何なのか?
レポートを聞いて答え合わせをしてみてください



⇒思い通りにトレードする為に必要な事とは?



---------------------------------------------------------


■【FXの王道を極める方法教えます!】



僕が「6万2千時間」を費やしてたどり着いた


【どんな相場でも対応できるスキルを身に着ける方法】



最もシンプルかつ王道のその方法をまとめた
「万能教材!」を「期間限定で無料」でプレゼントします



gfsdggwte.jpg



この教材を見れば


「なぜ今あなたが勝てないか?
そしてどうすれば勝てる様になるのか?」


その全てに気づく事が出来ます



そして今回教えるこのスキルを
身に着ける事が出来れば
あなたのトレード結果も劇的に変わるはずです!



⇒このチャンスを逃さずレポートを無料でGETする!



---------------------------------------------------------


黙っていても上手く行く?
■勝てるエントリーポイントを見極める方法


チャートとは

「人間心理の集合体」

ですから

人間心理が過去と大きく変わらないのであれば
それを反映するチャートが同じ様な値動き繰り返すと言う事は
極めて自然な事だと思います


でも


多くの人は「過去を知る事」ではなくて
「未来を知る事」で利益を得ようとします



僕もそうでしたが
ここが努力しても結果の出ない大きな原因の1つです


どれだけ時間を費やしても
人間は「未来」を知ることは出来ません


そんな事に時間を使うのは意味がありません


だからそうではなくて

「過去を知る事に意識を向けて下さい」


なぜなら


トレードをしていても
常にエントリーするかどうか判断するのは
チャートの右端の未来がどうなるか?

ではなくて

チャートの左側の過ぎた過去のチャートでどうするか?
判断する必要があるからです


ここが結果が出ている人といない人の差です


「未来がどうなるか?
それを予想し当てるのがトレード」


この認識が勝てないトレードを生み出します


そうではなくて


あくまで「確率」に賭けるんです


「こうなったらこうなりやすい」


そんな過去チャートに従った再現性のあるトレードをするんです


例えば

もしチャート上に

「ここから上昇確率70%」

なんてサインが出たらどうでしょう?


間違いなく買うでしょう


逆に

「上昇確率30%」

なんて感じなら下落かレンジの可能性があるので
買わないでしょう


そしてそんな数字を見て焦る事なく
優位な所だけ選んでトレードをすれば
トータルで勝てる事に気付きます


そしてそんなトレードを続けているうちに

70%の上昇サインでも下げる事があり

30%の上昇サインでも上げる事がある事に気づきます


そしてはじめて

「どれだけ有利でも上手く行かず
逆に不利でも上手く行く事がある」


この事にも気付きます


そうなれば

・損切りに合う事は避ける事は出来ず
 逆に儲ける為には避ける必要がない事なのか


・自分がスルーしたエントリーが
 大きく順行する機会損失が仕方のない事か


そんな事も身を持って経験する事で
知識だけの薄っぺらい理解から
はじめて本当に理解する事が出来ます


そうする事で自然と優位性の高いポイントだけトレードして
上手く行かない時もあるがそれは仕方のない事
そんな風に割り切る事が出来る様になる

そうすればいちいち目先のトレード結果など気にしないし
チャンスが無くても

優位性の高いシグナルが出ないのに
低い確率で無理してトレードしても意味ない

そう気付き無駄なトレードもしなくなる


そうすればあなたのトレードは
自然と安定し気付けば
利益の出せるトレーダーになっているはずです


でも・・・


そんなシグナルを出してくれる
チャートなんてないじゃないか!!


確かにありません


じゃあどうするのか?


まずはこちらをご覧下さい


⇒優位性の高いポイントを判断する方法


---------------------------------------------------------



応援クリックお願いします☆




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今なら特別レポートプレゼント中!
⇒「メルマガ始めました!詳しくはコチラ」



■フェイスブック始めました

フェイスブック限定レポートもプレゼント中!
是非みてみてください☆


フェイスブックページ

個人ページ



⇒ブログ記事一覧に戻る



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment