為替FXトレード塾 FXメンタル対策BLOG FX初心者も大歓迎!

あなたが勝てない理由がこのブログを見ればわかります! 間違いなくあなたのトレードを変えます!

あなたは雨の日に傘を差しますか? 



応援クリックお願いします☆


人気ブログランキングへ



※只今新企画進行中!

⇒あなたのFXに関する質問・疑問を受け付けてます



多くの人が

「FXが難しい!」

そう思う理由は一つです



それは・・・



「コントロール出来ない物を
コントロールしようとするから」


もっとシンプルに言えば

「勝てないのに勝とうとするから!」

だから難しいとなる



僕もそうでしたが

「FXで勝つ方法がある!」

そう思っているわけです


確かにあります


でもそれはあなたが
思っているのとはちょっと違うんです


どういう事か?


それは

「1回1回のトレードを毎回
正確に予測し勝つ事は出来ない」


と言う事です



僕らが出来るのは

「1回1回の期待値がプラスの行動を繰り返す事だけ」

これが唯一投機である
デイトレで利益を上げる方法なんです



これが知識としてだけではなく
どれだけあなたの深層心理に落とし込むレベルで
刷り込むことが出来ているか?


ここが勝てる人とそうでない人の
何より一番の違いなんです


例えるなら

雨が嫌いだから毎日天気になる様にお祈りをする人と
雨は降るのは仕方ないし
それを降らせないようには出来ないので


雨が降る事が前提で
雨を防ぐために傘を発明したり
雨合羽を発明する



「雨は止められないけど
それを防ぐ方法を別の角度から考える」



そういう部分に意識を
向ける事が出来る人の違いです


勝てない人はいつまでも
雨が降る度に落ち込んだりなぜなんだ!!
とイライラしているだけの人です


どうすれば雨が降らないか?


そんな事に力を注いだところで
一個人に出来る事など
たかがしれていますよね?


そこにこだわるよりも
それを受け入れてどう対応するか?
それを考えた方がよっぽどけんせつてきです


トレードもそれと同じで

「全部勝とうとして上手くやろうとするよりも
負ける事を受け入れてそれに対してどう対応するか?」

それを考える方がよっぽどけんせつてきと言うか
結果を変える為のチャンスがあるはずです


あなたのトレードはどうですか?


それでは今日も最後まで
お付き合いありがとうございました



いつも訪問ありがとうございます
そんな勉強熱心なあなたの1クリックが力になります
なにとぞ1秒1クリックご協力お願いします(。-人-。)



人気ブログランキングへ


FX為替 - みんなのお金儲けアンテナ
コチラも合わせてクリックお願いしますm(u_u)m





■無料FXスキルアップ情報


無料プレゼント期間残り・・・2日!

チャート分析番外編
ブレイクの騙しを回避したい人必見!

■有効的なブレイク判断手法


zsdadsfas542245.jpg




あなたはトレード中に

「これがブレイクするか?騙しになるか?」

トレードをするかどうか判断に
悩んだ事はありませんか?




多くの人はどうしても
上手くトレードをしたいと考えるあまり

「判断が曖昧になってしまう・・・」

明確な判断基準を持たない為に
どうしても結果ありきの判断になってしまう




スルーして順行すれば

「やっぱりトレードしておけば・・・」

そう後悔し

トレードして騙しに遭えば

「やっぱりトレードしなければ良かった・・・」

そう後悔する




そして毎回正解を当てる為に
どうしようと迷い続ける事になる


でもそれではいつまでも
トレードスキルは上がりません



じゃあどうすれば良いのか?



トレードするかどうか判断する為に

「明確な判断基準を持つ事!」

これが何より重要になります



でも実際に判断基準を1から作ると言うのは
本当に大変で膨大な時間を要します



なのでその膨大な時間を短縮する為に
僕が今でも実際に使っている


「有効的なブレイク判断手法」


これを実際のチャートを使い
詳しく解説させて頂きます




一体どうすれば

「高い確率でその区別をつける事が出来るのか?」

今回はその方法を教えます




これは今でも僕が実際に
使っている判断法なのですが

「非常にシンプルで誰でも簡単に真似する事が出来ます」

もちろん多少の勉強は必要ですが
それでもこれを知っているかいないかで
判断の差は歴然と出ると思います




今回こちらの特別レポートを

【5月26日まで!】

期間限定で無料でプレゼントさせて頂きます





こういうスキルの差が
最終的には大きな収支の差になる事もあります
自信を持ってトレードが出来る為には
どんなスキルがいるのか?


そういう部分を考える意味でも
今回のレポートは非常に利用価値が高い
物になっておりますので是非ご覧ください




⇒ブレイクの精度を高める為の方法とは?




---------------------------------------------------------


■【FXの王道を極める方法教えます!】



僕が「6万2千時間」を費やしてたどり着いた


【どんな相場でも対応できるスキルを身に着ける方法】



最もシンプルかつ王道のその方法をまとめた
「万能教材!」を「期間限定で無料」でプレゼントします



gfsdggwte.jpg



この教材を見れば


「なぜ今あなたが勝てないか?
そしてどうすれば勝てる様になるのか?」


その全てに気づく事が出来ます



そして今回教えるこのスキルを
身に着ける事が出来れば
あなたのトレード結果も劇的に変わるはずです!



⇒このチャンスを逃さずレポートを無料でGETする!



---------------------------------------------------------


黙っていても上手く行く?
■勝てるエントリーポイントを見極める方法


チャートとは

「人間心理の集合体」

ですから

人間心理が過去と大きく変わらないのであれば
それを反映するチャートが同じ様な値動き繰り返すと言う事は
極めて自然な事だと思います


でも


多くの人は「過去を知る事」ではなくて
「未来を知る事」で利益を得ようとします



僕もそうでしたが
ここが努力しても結果の出ない大きな原因の1つです


どれだけ時間を費やしても
人間は「未来」を知ることは出来ません


そんな事に時間を使うのは意味がありません


だからそうではなくて

「過去を知る事に意識を向けて下さい」


なぜなら


トレードをしていても
常にエントリーするかどうか判断するのは
チャートの右端の未来がどうなるか?

ではなくて

チャートの左側の過ぎた過去のチャートでどうするか?
判断する必要があるからです


ここが結果が出ている人といない人の差です


「未来がどうなるか?
それを予想し当てるのがトレード」


この認識が勝てないトレードを生み出します


そうではなくて


あくまで「確率」に賭けるんです


「こうなったらこうなりやすい」


そんな過去チャートに従った再現性のあるトレードをするんです


例えば

もしチャート上に

「ここから上昇確率70%」

なんてサインが出たらどうでしょう?


間違いなく買うでしょう


逆に

「上昇確率30%」

なんて感じなら下落かレンジの可能性があるので
買わないでしょう


そしてそんな数字を見て焦る事なく
優位な所だけ選んでトレードをすれば
トータルで勝てる事に気付きます


そしてそんなトレードを続けているうちに

70%の上昇サインでも下げる事があり

30%の上昇サインでも上げる事がある事に気づきます


そしてはじめて

「どれだけ有利でも上手く行かず
逆に不利でも上手く行く事がある」


この事にも気付きます


そうなれば

・損切りに合う事は避ける事は出来ず
 逆に儲ける為には避ける必要がない事なのか


・自分がスルーしたエントリーが
 大きく順行する機会損失が仕方のない事か


そんな事も身を持って経験する事で
知識だけの薄っぺらい理解から
はじめて本当に理解する事が出来ます


そうする事で自然と優位性の高いポイントだけトレードして
上手く行かない時もあるがそれは仕方のない事
そんな風に割り切る事が出来る様になる

そうすればいちいち目先のトレード結果など気にしないし
チャンスが無くても

優位性の高いシグナルが出ないのに
低い確率で無理してトレードしても意味ない

そう気付き無駄なトレードもしなくなる


そうすればあなたのトレードは
自然と安定し気付けば
利益の出せるトレーダーになっているはずです


でも・・・


そんなシグナルを出してくれる
チャートなんてないじゃないか!!


確かにありません


じゃあどうするのか?


まずはこちらをご覧下さい


⇒優位性の高いポイントを判断する方法


---------------------------------------------------------




応援クリックお願いします☆


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今なら特別レポートプレゼント中!
⇒「メルマガ始めました!詳しくはコチラ」



■フェイスブック始めました

フェイスブック限定レポートもプレゼント中!
是非みてみてください☆


フェイスブックページ

個人ページ



⇒ブログ記事一覧に戻る



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment