為替FXトレード塾 FXメンタル対策BLOG FX初心者も大歓迎!

あなたが勝てない理由がこのブログを見ればわかります! 間違いなくあなたのトレードを変えます!

焦らずじっくり行きましょう! 



応援クリックお願いします☆


人気ブログランキングへ



※只今新企画進行中!

⇒あなたのFXに関する質問・疑問を受け付けてます




ちょっと考えてみてほしいのですが

「FXで勝てる様になった!」

あなたはどういう結果を
出せる様になったらそう言いますか?


・全てが思い通りに行くようになったら?
・毎月1000pips取る事が出来たら?
・毎月100万円稼げたら?


どうでしょうか?


あなたにとっての

「勝てる様になったと思える基準」

これはどこにありますか?



実はこの設定が意外に大事なんです


なぜか?


昔の僕みたいな
リスクを受け入れられない
偽完璧主義者タイプだと


本気で


・全てが思い通りに行くようになったら?
・毎月1000pips取る事が出来たら?
・毎月100万円稼げたら?


こういう結果が出せる様にならないとダメだ!
なんて思い込んでいる事があります


でも現実はそんなに甘くありません
なので頭の中のイメージと現実の結果に
大きなギャップが生まれてしまう


だから少し上手く行かないと
全てがダメな気になってしまう


そうなると


モチベーションは簡単に下がるし
自分の判断に自信もなくなる
目先の結果に意識が向きがちになる


こんな感じでトレードの弊害が大きい
心理状態に自然となってしまいやすくなる



誰が言ったわけでもないのに

「自分自身で勝手に俺はダメだ・・・」

そんな風になってしまうんです



でもそれは大きな勘違いです!



最初に掲げたハードルが高すぎる為に
それが出来ない事でダメな気になっているだけで
そんなものは簡単に出来るはずがないんです



出来ないのが普通で
間違っているのは

「最初の目標設定」

ここなんです



「早く稼げる様になりたい!」



そんな心理からどうしても焦ってしまい
他の人の結果とかを無駄に気にしてしまう為に
無謀な設定をしてしまったりするんです



「俺も早く稼げる様になりたい!」


その気持ちはわかりますし
その気持ち自体は悪い事ではない
でも焦りは禁物です


稼げる様になる為には
地道に1つずつ階段を上っていく
そんな労力が必要です


そういう積み重ねが出来れば
今はじれったくても必ず将来は

「頑張って良かった!」

そう思える瞬間が来ます



なのでしっかり今の
自分の身の丈にあった目標を設定し
焦ることなく一歩ずつ前に進める状況を作る事
それが成功への一番の早道だったりします


焦らずじっくり行きましょう!


それでは今日も最後までお付き合いありがとうございました



いつも訪問ありがとうございます
そんな勉強熱心なあなたの1クリックが力になります
なにとぞ1秒1クリックご協力お願いします(。-人-。)



人気ブログランキングへ


FX為替 - みんなのお金儲けアンテナ
コチラも合わせてクリックお願いしますm(u_u)m




■無料FXスキルアップ情報


無料プレゼント残り・・・48名!

音声レポート第177弾!
トータルで利益を上げる為の投機手法!

トータルで利益を上げられる
投機化家になる為に必要な事


hg523534.jpg


こちらのレポートは
お聞きいただけましたでしょうか?


今回は

「FXで勝つ為の最もシンプルな方法」

これを理解してもらうために

「デイトレード(投機)の勝ち方」

ここについて詳しく解説させて頂きました



多くの人はデイトレを当て物と勘違いしています



その為に未来を正確に
把握する為にどうすれば良いのか?


そんな感じでスキルを磨いたり知識を増やそうとします


でもどうでしょうか?
その流れの中で幾ら勉強しても
結果は全然変わらないんじゃないですか?


それは当然です

「投資には投資の勝ち方がある」

それと同じで

「投機には投機の勝ち方」

これがあるんです


よく

「トータルで勝つ為に考えろ!」
「確率を理解して・・・」
「損失を必要経費と捉えて・・・」

など


説明する事がありますが
その言葉の本当の意味を
どれだけ理解できているでしょうか?


そしてそれを実践にどれだけ
生かす事が出来ているでしょうか?



そういう部分が

「出来ているつもりになっているだけ・・・」

そんな人がどれだけ多いか



今回のレポートでは


「本当に勝てるデイトレーダーになる為には
どんな事をして何を知らなければならないのか?」



そういう部分を明確にしてもらうべく
詳しく解説しています



こちらの12800円相当のレポートは


【100名限定⇒残り48名限定!】


デイトレーダーには必須の内容と
なっておりますので是非いてみてください



⇒デイトレに必須のスキルとその身に着け方とは?


---------------------------------------------------------


■【FXの王道を極める方法教えます!】



僕が「6万2千時間」を費やしてたどり着いた


【どんな相場でも対応できるスキルを身に着ける方法】



最もシンプルかつ王道のその方法をまとめた
「万能教材!」を「期間限定で無料」でプレゼントします



gfsdggwte.jpg



この教材を見れば


「なぜ今あなたが勝てないか?
そしてどうすれば勝てる様になるのか?」


その全てに気づく事が出来ます



そして今回教えるこのスキルを
身に着ける事が出来れば
あなたのトレード結果も劇的に変わるはずです!



⇒このチャンスを逃さずレポートを無料でGETする!



---------------------------------------------------------


黙っていても上手く行く?
■勝てるエントリーポイントを見極める方法


チャートとは

「人間心理の集合体」

ですから

人間心理が過去と大きく変わらないのであれば
それを反映するチャートが同じ様な値動き繰り返すと言う事は
極めて自然な事だと思います


でも


多くの人は「過去を知る事」ではなくて
「未来を知る事」で利益を得ようとします



僕もそうでしたが
ここが努力しても結果の出ない大きな原因の1つです


どれだけ時間を費やしても
人間は「未来」を知ることは出来ません


そんな事に時間を使うのは意味がありません


だからそうではなくて

「過去を知る事に意識を向けて下さい」


なぜなら


トレードをしていても
常にエントリーするかどうか判断するのは
チャートの右端の未来がどうなるか?

ではなくて

チャートの左側の過ぎた過去のチャートでどうするか?
判断する必要があるからです


ここが結果が出ている人といない人の差です


「未来がどうなるか?
それを予想し当てるのがトレード」


この認識が勝てないトレードを生み出します


そうではなくて


あくまで「確率」に賭けるんです


「こうなったらこうなりやすい」


そんな過去チャートに従った再現性のあるトレードをするんです


例えば

もしチャート上に

「ここから上昇確率70%」

なんてサインが出たらどうでしょう?


間違いなく買うでしょう


逆に

「上昇確率30%」

なんて感じなら下落かレンジの可能性があるので
買わないでしょう


そしてそんな数字を見て焦る事なく
優位な所だけ選んでトレードをすれば
トータルで勝てる事に気付きます


そしてそんなトレードを続けているうちに

70%の上昇サインでも下げる事があり

30%の上昇サインでも上げる事がある事に気づきます


そしてはじめて

「どれだけ有利でも上手く行かず
逆に不利でも上手く行く事がある」


この事にも気付きます


そうなれば

・損切りに合う事は避ける事は出来ず
 逆に儲ける為には避ける必要がない事なのか


・自分がスルーしたエントリーが
 大きく順行する機会損失が仕方のない事か


そんな事も身を持って経験する事で
知識だけの薄っぺらい理解から
はじめて本当に理解する事が出来ます


そうする事で自然と優位性の高いポイントだけトレードして
上手く行かない時もあるがそれは仕方のない事
そんな風に割り切る事が出来る様になる

そうすればいちいち目先のトレード結果など気にしないし
チャンスが無くても

優位性の高いシグナルが出ないのに
低い確率で無理してトレードしても意味ない

そう気付き無駄なトレードもしなくなる


そうすればあなたのトレードは
自然と安定し気付けば
利益の出せるトレーダーになっているはずです


でも・・・


そんなシグナルを出してくれる
チャートなんてないじゃないか!!


確かにありません


じゃあどうするのか?


まずはこちらをご覧下さい


⇒優位性の高いポイントを判断する方法


---------------------------------------------------------




応援クリックお願いします☆


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今なら特別レポートプレゼント中!
⇒「メルマガ始めました!詳しくはコチラ」



■フェイスブック始めました

フェイスブック限定レポートもプレゼント中!
是非みてみてください☆


フェイスブックページ

個人ページ



⇒ブログ記事一覧に戻る


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment