為替FXトレード塾 FXメンタル対策BLOG FX初心者も大歓迎!

あなたが勝てない理由がこのブログを見ればわかります! 間違いなくあなたのトレードを変えます!

解ってるのにどうしても出来ない! 



応援クリックお願いします☆


人気ブログランキングへ

⇒「初めてこのブログに来られた方はコチラ」



僕もそうでしたがFXで
利益を上げられない人の特徴の一つに

「先を知ろうとしすぎる」

と言うのがあります



FXにおいて基本的な考え方として

「未来を予知は出来ない以上
失敗を避けて上手くやる事なんてできない」

というのが僕のトレード基本です



でも頭では分かっていても
行動レベルではどうしても

「失敗を避けて上手くやろうとしてしまう」

という時期がありました



この状態では本当にトレードが難しいものでした



エントリーや損切や利確など
全てい置いて

「結果でしか善し悪しが判断できない」

なので結果論で後から

「やっぱりあーしておけば・・・」
「これは止めておけばよかった・・・」

なんて感情になってしまう



この感情はネガティブなもので
精神的苦痛を感じるので

自己防衛本能が働き
無意識にそれを避けようとしてしまう


なので次の判断の際に大きく影響を与える


「前見たく失敗したくないから・・・」


この心理が働き客観的判断を難しくさせる


そして結果で善し悪しを判断する事で
この状態が永遠と続くんです


この状態を抜け出すのに
どれだけスキルを磨いても意味がありません

なぜなら完全に正解だけを狙い撃つなんて事は
絶対に出来る様にはならないからです


なのでトレードがとんでもなく難しいと感じるんです



この状況を抜け出す方法は一つだけ

「先を予想し正解を確実に当てる事など
出来ない事実を正しく受け入れる事」

唯一それだけしかありません



でもこれはとんでもなく難しいです



「自分の価値観を変える事」

それは

「今までの思考の習慣を変える事」


要は

「禁煙」や「ダイエット」

そんな事に似ている気がします


地道な事を何回も結果が
すぐにともなわなくても
信じて繰り返し続ける事

時には感情的になり
それを欲する事があっても
それをコントロールする事



これってダイエットや禁煙もそうですが

「多くの人が成功できずに挫折する事」

ここを乗り越える事が出来ないとダメなんです



「失敗を避けて上手くやりたい」

この当たり前の価値観を

「失敗を受け入れ失敗した同じ事を繰り返す」


損切と言う結果で善し悪しを判断するのではなく

「自分がすべき事が出来たかどうか?」

その上で損切ならそれは成功だし
そうじゃないならそれは改善しないといけない


逆に利確になってもすべき事を
した上での利確なら成功だけど
そうじゃないならそれは失敗である



でも僕もそうでしたが・・・



頭ではそう思っても
利益が出れば内容がどうであろうと

「よし!」と思ってしまうし

内容が良くても損切になれば

「あー・・・」と思ってしまう


これを変えられるか?


ここが大きなポイントになるんです



その為にはどうすれば良いのか?
個人差があるので絶対コレ!という
答えは解りませんが一つヒントを出すとしたら


「反復する事」


これが一つ大きなカギになると思います



あなたのトレードはどうですか?



それでは今日も最後までありがとうございます



いつも訪問ありがとうございます
そんな勉強熱心なあなたの1クリックが力になります
なにとぞ1秒1クリックご協力お願いします(。-人-。)



人気ブログランキングへ


FX為替 - みんなのお金儲けアンテナ
コチラも合わせてクリックお願いしますm(u_u)m




■無料FXスキルアップ情報


12月31日!まで期間限定開催中!
ゼロから学び安定して稼ぐ為に!

■実践的ライントレード無料セミナー


このセミナーでは

チャートの見方を明確にし
安定的に稼ぐ為に必要な
トレードスキルを無料で学べます


例えば


・FXで稼いでいる人って本当にいるの?
・安定して稼ぐ為には一体何をすればいいんだ?
・なんでいつも相場は逆の方にばかり進むんだ!
・FXで損したお金をなんとか取り戻したい!
・色んな教材を試したが稼げたためしがない!


このような初心者的な悩みから



・FXで継続的に稼げない人には共通点が存在する

・トレードは「やってはいけないことに
 気付けるかどうか」がとても重要

・FXで成果が上がらない人の大半は
 多くを求めすぎて一気にやり過ぎている

・「やらない取引の組み合わせ」から
 FXの手法が作り出せる

・大きな流れを知る事の重要性


などなど


中級者から上級者に向けた内容も含めた
FXで結果を出す為に必要なスキルと知識を
同時に学ぶ事が出来ます


しかも無料セミナーにも関わらず
その後サポート的に約2カ月間に渡り

特別講座と称して結果を出せる様になる為に
必要なプロセスを1日1日的確にアドバイスしてくれます



手法事態も非常にシンプルで
チャート上に引くラインを元にトレードをしますが
非常に分かりすく再現性も高いと思います


小手先のやりかただけではなく
相場の原理原則や大きな相場の値動きなど

僕が普段お話ししているような所も
抑えた上で色々解説もしてくれているので
かなり参考になる無料セミナーだと思います


その他にも僕も知らない様な
証券会社や機関投資家の仕組みなど
ディープな内容も知る事が出来ます


こちらの59800円相当の
本格的なセミナー動画を

【12月31日まで!】

期間限定で今なら無料で受講する事が出来ます


今回の内容が無料で手に入るなら間違いなく参加必須です


⇒今すぐ無料でセミナーに参加する


---------------------------------------------------------


黙っていても上手く行く?
■勝てるエントリーポイントを見極める方法


チャートとは

「人間心理の集合体」

ですから

人間心理が過去と大きく変わらないのであれば
それを反映するチャートが同じ様な値動き繰り返すと言う事は
極めて自然な事だと思います


でも


多くの人は「過去を知る事」ではなくて
「未来を知る事」で利益を得ようとします



僕もそうでしたが
ここが努力しても結果の出ない大きな原因の1つです


どれだけ時間を費やしても
人間は「未来」を知ることは出来ません


そんな事に時間を使うのは意味がありません


だからそうではなくて

「過去を知る事に意識を向けて下さい」


なぜなら


トレードをしていても
常にエントリーするかどうか判断するのは
チャートの右端の未来がどうなるか?

ではなくて

チャートの左側の過ぎた過去のチャートでどうするか?
判断する必要があるからです


ここが結果が出ている人といない人の差です


「未来がどうなるか?
それを予想し当てるのがトレード」


この認識が勝てないトレードを生み出します


そうではなくて


あくまで「確率」に賭けるんです


「こうなったらこうなりやすい」


そんな過去チャートに従った再現性のあるトレードをするんです


例えば

もしチャート上に

「ここから上昇確率70%」

なんてサインが出たらどうでしょう?


間違いなく買うでしょう


逆に

「上昇確率30%」

なんて感じなら下落かレンジの可能性があるので
買わないでしょう


そしてそんな数字を見て焦る事なく
優位な所だけ選んでトレードをすれば
トータルで勝てる事に気付きます


そしてそんなトレードを続けているうちに

70%の上昇サインでも下げる事があり

30%の上昇サインでも上げる事がある事に気づきます


そしてはじめて

「どれだけ有利でも上手く行かず
逆に不利でも上手く行く事がある」


この事にも気付きます


そうなれば

・損切りに合う事は避ける事は出来ず
 逆に儲ける為には避ける必要がない事なのか


・自分がスルーしたエントリーが
 大きく順行する機会損失が仕方のない事か


そんな事も身を持って経験する事で
知識だけの薄っぺらい理解から
はじめて本当に理解する事が出来ます


そうする事で自然と優位性の高いポイントだけトレードして
上手く行かない時もあるがそれは仕方のない事
そんな風に割り切る事が出来る様になる

そうすればいちいち目先のトレード結果など気にしないし
チャンスが無くても

優位性の高いシグナルが出ないのに
低い確率で無理してトレードしても意味ない

そう気付き無駄なトレードもしなくなる


そうすればあなたのトレードは
自然と安定し気付けば
利益の出せるトレーダーになっているはずです


でも・・・


そんなシグナルを出してくれる
チャートなんてないじゃないか!!


確かにありません


じゃあどうするのか?


まずはこちらをご覧下さい


⇒優位性の高いポイントを判断する方法


---------------------------------------------------------




応援クリックお願いします☆


人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今なら特別レポートプレゼント中!
⇒「メルマガ始めました!詳しくはコチラ」



■フェイスブック始めました

フェイスブック限定レポートもプレゼント中!
是非みてみてください☆


フェイスブックページ

個人ページ



⇒ブログ記事一覧に戻る



関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment