為替FXトレード塾 FXメンタル対策BLOG FX初心者も大歓迎!

あなたが勝てない理由がこのブログを見ればわかります! 間違いなくあなたのトレードを変えます!

どんな場面でも冷静にすべき事を実行する 


応援クリックお願いします☆


人気ブログランキングへ


⇒「初めてこのブログに来られた方はコチラ」

⇒このブログは役に立ってるか?読者の評価は?


さて昨日よりご紹介させて頂いています

音声レポート第94弾!
あなたが勝てない本的な理由を教えます!

■勝てないトレーダー解剖大図鑑!


図鑑


こちらのレポートですが
お聞き頂けましたでしょうか?


トレードで勝つ為に

【何処でエントリーすればいいか?】

ここを考える人は多いですが

【どういう心理でエントリーすれば良いか?】


ここを考える人は少ない


トレードが難しいのは

【100%勝てるポイント】

これがない所にあります


その為にエントリーの際には
必ず負けるかもしれないリスクが生じる
そのリスクに恐怖心を感じてしまう

だから

すべき行動でも怖くて出来ない事がある


もしFXが相場に100%の絶対的状況があり
それを見つけてそこでエントリーする事で
確実に利益を上げる事が出来る

こういう物ならしっかり勉強し知識を養う事で

学んだ通りの事をして
望んだ結果を出して自信を身につけて
経験とともに更にスキルがレベルアップする

こんなサイクルの中で楽しく
お金を稼ぐ事が比較的簡単に出来るでしょう


正しくやれば負けるリスクがない
安心してトレードが出来る

上手く行かなかったら勉強を更にして
正しい知識を身につけて改善することで
望んだ結果を得ることが出来る

【僕が間違っていたから結果が悪かった】

そう理解し改善する事は
そう難しい事ではないでしょう

もし本当にFXがこうならもっと
沢山の人が稼ぐ事が出来るでしょう


でも現実はそうじゃない!


常に負けるリスク失うリスクの中で

【自分が決めた事をやりきる!】

これを実行するのが難しいでしょう



だってそうですよね?


・負けたくない

・失いたくない

・失敗したくない


誰だって同じです


でもその先にしか成功はありません

【それを避けて上手いこと楽して結果を出したい】

これでは一生相場の肥やしになるだけです


自分の恐怖心を上回る為には
それをはるかに超える自信が必要です


その自信を得るためには・・・


一体何が今のあなたに足りないか?


今回のレポートを聞いて見てください


トレードを正しく実行するスキルは

【しっかり意図して理解改善する事をしなければ
勝手に都合よく改善されていた】

そんな事は起こりませんので
今回のレポートを聞いてしっかり
学んでください


今回こちらの1万円相当のレポートを
期間限定で無料プレゼントさせていただきます

無料公開期間は

【残り・・・3日!】

ですのでお早めに手に入れてください


⇒残り時間が少ないので今すぐ手に入れる



さて今日は第230回チャート分析動画です

今回は11月12日のユーロドルのチャート分析です


先週はあまり狙えるチャンスが少なく
ドルストレート中心にトレードをする感じでした


トレード的には

少し固めの支持ラインを意識して
そこからの下落フェイク反転上昇的なエントリーとなりました

結果的には利確出来ましたが

エントリーとしては
最大限にリスクをコントロールするなら

【試し玉を使う】

そんな戦略もあったのですが
少し慎重さを欠いている・・・

そんな反省についても少しお話しています

【どんな場面でも冷静にすべき事を実行する】

勝つためには基本は大事
そんな事を再確認したトレードでした


詳しくは動画をご覧下さい


それと一つお願いです


最近徐々にランキングが下降中です
動画をご覧になる前に1秒で済みますので
1クリックだけご協力よろしくお願いします



人気ブログランキングへ


FX為替 - みんなのお金儲けアンテナ
コチラも合わせてクリックお願いしますm(u_u)m

応援クリックありがとうございますm(_ _ )m
それでは動画をご覧ください





■今日の名言

努力は必ず色んな形で報われる。

自分が望んだ形でなくとも、

いつかはどこかで花開く

ー 杉本彩 ー

20130106_hirosueryouko_04.jpg

■無料FXスキルアップ情報

黙っていても上手く行く?
■勝てるエントリーポイントを見極める方法


チャートとは

「人間心理の集合体」

ですから

人間心理が過去と大きく変わらないのであれば
それを反映するチャートが同じ様な値動き繰り返すと言う事は
極めて自然な事だと思います


でも


多くの人は「過去を知る事」ではなくて
「未来を知る事」で利益を得ようとします



僕もそうでしたが
ここが努力しても結果の出ない大きな原因の1つです


どれだけ時間を費やしても
人間は「未来」を知ることは出来ません


そんな事に時間を使うのは意味がありません


だからそうではなくて

「過去を知る事に意識を向けて下さい」


なぜなら


トレードをしていても
常にエントリーするかどうか判断するのは
チャートの右端の未来がどうなるか?

ではなくて

チャートの左側の過ぎた過去のチャートでどうするか?
判断する必要があるからです


ここが結果が出ている人といない人の差です


「未来がどうなるか?
それを予想し当てるのがトレード」


この認識が勝てないトレードを生み出します


そうではなくて


あくまで「確率」に賭けるんです


「こうなったらこうなりやすい」


そんな過去チャートに従った再現性のあるトレードをするんです


例えば

もしチャート上に

「ここから上昇確率70%」

なんてサインが出たらどうでしょう?


間違いなく買うでしょう


逆に

「上昇確率30%」

なんて感じなら下落かレンジの可能性があるので
買わないでしょう


そしてそんな数字を見て焦る事なく
優位な所だけ選んでトレードをすれば
トータルで勝てる事に気付きます


そしてそんなトレードを続けているうちに

70%の上昇サインでも下げる事があり

30%の上昇サインでも上げる事がある事に気づきます


そしてはじめて

「どれだけ有利でも上手く行かず
逆に不利でも上手く行く事がある」


この事にも気付きます


そうなれば

・損切りに合う事は避ける事は出来ず
 逆に儲ける為には避ける必要がない事なのか


・自分がスルーしたエントリーが
 大きく順行する機会損失が仕方のない事か


そんな事も身を持って経験する事で
知識だけの薄っぺらい理解から
はじめて本当に理解する事が出来ます


そうする事で自然と優位性の高いポイントだけトレードして
上手く行かない時もあるがそれは仕方のない事
そんな風に割り切る事が出来る様になる

そうすればいちいち目先のトレード結果など気にしないし
チャンスが無くても

優位性の高いシグナルが出ないのに
低い確率で無理してトレードしても意味ない

そう気付き無駄なトレードもしなくなる


そうすればあなたのトレードは
自然と安定し気付けば
利益の出せるトレーダーになっているはずです


でも・・・


そんなシグナルを出してくれる
チャートなんてないじゃないか!!


確かにありません


じゃあどうするのか?


まずはこちらをご覧下さい


⇒優位性の高いポイントを判断する方法




トレードが上手く行かない本当の理由に気付いていますか?
■自分のトレードからイライラを取り除く方法


あなたはトレードをしていて

「感情的になり」

失敗した事はありませんか?


例えば


・エントリーポイントと解かってるのにエントリーを躊躇してしまう

・利を伸ばさないと・・と思いながら薄利で決済してしまう

・利益を出したいと根拠無く安易にエントリーしてしまう

・損切りが出来なくて逆行すると逆指値をはずしてしまう

・相場に確実を求め先を知しろうと相場に不要なバイアスを持ってしまう

・損を避けたくて無計画なナンピンをしてしまう

・確定利益を失うのが怖くて次のエントリーに躊躇してしまう

・損切り後だと取り返すという感情から安易なトレードをしてしまう


などなど


これらは全て

「適切なメンタルコントロール」

これが出来ていない事が原因です


そしてここを改善しなければ
どれだけトレードスキルだけを磨いても結果はでないでしょう


なぜなら

正しく学んだ行動を
感情が邪魔して正しく取る事が出来ないからです


僕も当然その壁にぶち当たり悩み苦しみました
そしてかなりの時間とお金をかけて
なんとか克服し今にいたります


メンタルコントロールについては
ド素人で何も知らない
そんな僕がどの様して改善したのか?


その方法をレポートにまとめました


感情をコントロール出来ずに苦しんでいる方には
大いに役立つと思います


興味がある方はコチラからどうぞ


期間限定公開中!

⇒僕がFxで稼げる様になった理由





人気ブログランキングへ
このブログはあなたの「優しさ」1クリックで成り立っています☆
いつも本当にありがとうございます



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今なら特別レポートプレゼント中!
⇒「メルマガ始めました!詳しくはコチラ」



■フェイスブック始めました

フェイスブック限定レポートもプレゼント中!
是非みてみてください☆


フェイスブックページ

個人ページ



⇒ブログ記事一覧に戻る

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment